たじみ陶器まつり
 
日時  4月 第2週の土日 2016年4月9・10日(土・日)開催
場所  本町オリベストリート一帯 (多治見市本町5〜6丁目)
内容  多治見中の陶器商が、大通りににずらりと軒を連ね、美濃焼を大特価で販売する春の一大イベント。
全国から約15万人ものやきものファンで賑わいます。

毎日使う器から、業務用、子ども食器まで、幅広い美濃焼がずらり。器との出会いを楽しめます。
大道芸やスタンプラリー、グルメコーナーなどもあり、家族で一緒に楽しくすごせます。

同時に銀座商店街では若手陶芸家による「多治見クリエーターズ・マーケット」を、ながせ商店街では全国のクラフト作家が集まる「クラフトフェア」を開催し、手づくり作品の魅力を伝えます。

最新情報は、多治見市観光協会フェイスブックページで紹介しています。
交通 JR多治見駅から、ながせ商店街経由で徒歩15分・JR多治見駅から、無料シャトルバス運行  
星ヶ台特設駐車場から無料シャトルバス運行
 (住所 多治見市星ヶ台3丁目7 星ヶ台保育園南側運動公園)
問合せ先 たじみ陶器まつり実行委員会
(多治見市陶磁器卸商業組合 TEL 0572−25−5588)


   
 多治見クリエーターズ・マーケット
 
日時  4月 第2週の土日 2016年4月9・10日(土・日)開催
場所  銀座商店街アーケード (多治見市新町2丁目)
内容 ここ岐阜県東濃地方はやきもの作家の宝庫。
多治見市陶磁器意匠研究所と多治見工業高校 専攻科のOBを中心に、地元の若手作家が集まり、個性をちりばめた作品を販売します。
全国のギャラリーで活躍する人気作家から、やきもの学校を卒業して間もない作家まで、土と真摯に向き合う作り手と出会う場所です。

同時に銀座商店街の売り出し「ぎんぶら市」も開催します。

交通 JR多治見駅から、ながせ商店街経由で徒歩15分・JR多治見駅から、無料シャトルバス運行  
星ヶ台特設駐車場から無料シャトルバス運行
 (住所 多治見市星ヶ台3丁目7 星ヶ台保育園南側運動公園)
HP  http://www.ob.aitai.ne.jp/~tajimipr/cm/cm.html
問合せ先  多治見クリエーターズ・マーケット事務局
(多治見市PRセンター内 TEL 0572−23−5444)


   
 市之倉陶祖祭 
 
日時  4月 第2週の土日 2016年4月9・10日(土・日)開催
場所  市之倉さかづき美術館を中心に、市之倉町一帯 (多治見市市之倉町4丁目〜10丁目)
内容  盃の町・市之倉町の窯元が開く春のおまつり。普段は見られない窯元を一般公開する「窯元ウォッチング」や、手づくりの器をお値打ちに販売する「蔵出し市」など、見逃せない企画が沢山!
幸兵衛窯、玉山窯、仙太郎窯など、全国的に有名な窯元の素敵な器が、蔵出し価格で手に入れられるチャンスです。

さかづき美術館では、様々なジャンルのクラフト作品販売や、グルメ屋台、餅投げなど、多彩なイベントで盛り上がります。

美術館隣接の幸兵衛窯作陶館では、無料作陶体験を行います。この機会に、気軽に土に触れてみませんか?



交通 JR多治見駅から、無料シャトルバス運行
HP  http://www.tohnosato.or.jp/
問合せ先  市之倉陶磁器工業協同組合 TEL 0572−22−3719


   
 美濃民芸陶器の里まつり
 
日時  2016年4月3日(日)開催 9:00〜16:00
場所  共栄公園 駐車場(多治見市高田町10丁目)
内容  今から400年前の江戸時代、加藤与左衛門景直が窯を開いて以来、徳利・湯たんぽ・汽車土瓶など、暮らしに身近な道具や器が作られてきた高田・小名田町。
この地域の窯元が集まり、春の陶器まつりを開催します。
器の販売や、ステージショー、窯元めぐり、飲食ブースなど。
交通 JR多治見駅から東鉄バス「久々利線」乗車、「高田口」下車 徒歩5分
HP http://takatayaki.jimdo.com/
問合せ先 高田陶磁器工業協同組合 TEL 0572−22−2028
織部忌茶会(おりべきちゃかい) 
 
日時  6月   
場所  織部うつわ邸
内容  武将茶人・古田織部(1544〜1615)は、慶長20年6月11日、自刃、一家断絶しています。
当地方では名古屋城内の古織堂また猿面茶屋で献茶をしていましたが、
オリベストリートの整備されました今日、織部うつわ邸内の茶室で『織部忌茶会』を催します。

会費/500円 当日会場でお支払いください
交通 JR多治見駅から、ながせ商店街経由で徒歩15分
HP http://www.oribe-minoyaki.com/utsuwatei/index.html
問合せ先 叶D部 うつわ邸 0572-25-3583
   
 祇園祭り
 
日時/場所 ながせ祇園祭り  7月12日 16:30頃〜20:30頃  ながせ商店街

銀座祇園祭り    7月16日  16:30頃〜20:30頃  銀座商店街

内容 12日は「ながせ商店街」16日は「銀座商店街」で開催され賑やかな夜店が並びます。

交通 JR多治見駅から徒歩10分
 りばーぴあ
 
日時  7月中旬 
場所 多治見橋付近の土岐川河川敷 (多治見市本町5丁目)
内容  多治見の中心部を流れる土岐川に親しむ子ども向けのイベント。ボートで川下り、川辺の生き物観察、ストーンペイント、クイズラリー、野菜のかぶりつきなど、子ども達が大喜びするイベントが満載。暑い夏こそ元気に、土岐川を遊びつくしましょう!
交通 JR多治見駅から徒歩10分
HP  http://www.ob2.aitai.ne.jp/~tokigawa/
問合せ先  土岐川観察館 TEL 0572−21−2151
   
 夏の夜まつり 出逢いまつり
 
日時  多治見市制記念花火大会の前日の土曜日 
場所 ながせ商店街 (多治見市本町丁目)
内容 多治見の七夕期間中に開催される、子ども達に大人気の縁日イベント。商店街や地域の大人が手作りで、風船割り、千本引き、宇宙くじ、金魚すくい、かき氷などの模擬店を商店街に並べ、1回100円で遊ぶことが出来ます。(11回で1,000円のチケット販売あり)景品のあるものは、なくなり次第終了となります。
交通 JR多治見駅から徒歩5分
HP  http://nagasest.dip.jp/
問合せ先  多治見ながせ商店街振興組合
   
 多治見市制記念花火大会
 
日時  8月1日に近い日曜日  2016年7月31日(日)開催
場所 花火大会 土岐川の陶都大橋から国長橋の間 
内容  多治見の夜空に、約3,000発の花火が打ち上げられます。
交通 JR多治見駅から徒歩10分
 HP
http://tajimi-hanabi.com/
問合せ先 多治見市制記念花火大会実行委員会(多治見市観光課)  TEL 0572−22−1111
多治見夏まつり実行委員会(多治見市青年会議所)  TEL 0572−23−5229

※天候が不安定な場合はインフォメーションダイヤル(0180-99-3226)にお問い合わせください。
   
 美濃焼祭
 
日時  10月 中旬の3連休  2016年10月8・9・10日(土・日・月祝)開催予定
場所  JR多治見駅を中心に周辺エリア (多治見市音羽町〜本町)
内容  上質な美濃焼をテーマにしたイベントを、多治見の玄関口・JR多治見駅で開催します。
昨年は、地元が誇る人間国宝の陶芸作品が無料で見学できるギャラリーや、人気窯元の器を販売するショップが多治見駅構内に出現しました。
また駅前広場では、陶芸家によるトークショーや、迫力満点のろくろを回す作陶実演を行い、近隣の商店街などでも、グルメイベント、町めぐりイベントなどを開催しました。

【関連イベント】
幻の器に出会う旅(本町オリベストリート) 
商展街(ながせ商店街)



交通 JR多治見駅から、無料シャトルバス運行
HP  http://www.city.tajimi.lg.jp/minoyakisai/
問合せ先  多治見市 産業観光課 TEL 0572−22−1111


   
 市之倉 陶の里フェスティバル
 
日時  10月 第1週の土日 
場所  市之倉さかづき美術館を中心に、市之倉町一帯 (多治見市市之倉町4丁目〜10丁目)
内容  盃の町・市之倉町の秋のお祭。窯元ウォッチング、蔵出し市などを開催します。幸兵衛窯、玉山窯、仙太郎窯など有名窯元の器が、蔵出し価格で手に入れられるチャンスです。さかづき美術館前の広場でも、様々なイベントを行い盛り上がります。
交通 JR多治見駅から、無料シャトルバス運行
HP  http://www.tohnosato.or.jp/
問合せ先  市之倉陶磁器工業協同組合 TEL 0572−22−3719
   
 たじみ茶碗まつり
 
日時  10月の体育の日に近い日・月曜日 2016年10月9・10日(日・月祝)開催
場所 多治見美濃焼卸センター (多治見市旭ヶ丘10)
内容  多治見の秋の一大イベント!多治見の陶器商社が集まる美濃焼卸センターの大通りにテントを並べ、陶器商が自慢の美濃焼をお値打ちに販売します。市価の3〜5割引でお得に美濃焼が手に入るとあって、毎年全国から20万人以上がつめかけます。
グルメコーナーも充実しているので、ゆっくりと滞在してお買物を楽します。
陶器、ガラス、布など様々なジャンルの作家が出店するクラフトマン通りも人気です。









交通 JR多治見駅から無料シャトルバス運行
中央自動車道 多治見ICから車で5分
HP  http://www.chuokai-gifu.or.jp/tajimi/index.html
問合せ先 たじみ茶碗まつり実行委員会(美濃焼卸センター)  TEL 0572−27−7111


   
 小木棒の手
 
日時  10月15日に近い日曜日の午後
場所 諏訪神社(多治見市諏訪町)
内容 小木(現在の諏訪町)に伝わる棒の手。近江国粟津の合戦後、敗走した木曽義仲の家臣・兼平が、諏訪町の人々に武術を教授したものが芸能化したと言われています。
2、3人が組になり、気合いと共に棒や鎌を打ち合う様子は勇壮そのものです。50年くらい前までは、火縄銃も使われていました。
愛知県の尾張地方にも様々な流派が伝わっていますが、岐阜県では諏訪町の「無二流」のみです。



交通 愛岐道路をJR古虎渓駅方面へ橋を渡る。道なりに直進し、途中「諏訪町」の看板を左折。
   
 笠原神明宮 祭礼秋まつり
 
日時  10月第2日曜
場所 笠原神明宮(多治見市笠原町)
内容  はっぴを着た元気な若衆が、華やかに飾った山車馬(だしうま)の手綱を引いて境内を駆け回ります。かつて、笠原で疾病が流行した際、神明宮に平癒を祈願して救われたことにちなんだものと伝えられています。祭礼で使われる馬具は区で保管され、そのうち7地区が所蔵する鞍などは市の有形文化財に指定されています。一番古いものには、明暦4年(1658年)と書かれています。

交通 JR多治見駅からバスで(笠原方面行き)「下神戸」停
問合せ先 笠原神明宮 TEL 0572−43−6358
   
 多治見まつり
 
日時  11月3日(文化の日)  
場所 多治見市役所〜JR多治見駅の間
内容  多治見国長・土岐頼定ら、この地に縁のある武将に扮した行列が、晩秋の東濃路に戦国絵巻を繰り広げる、40年以上続く市民のお祭り。
市長、議長、区長が扮する3武将と、華やかな公募の奥方役の後に、ボーイ・ガールスカウト扮する可愛らしい少年武者や虫の垂れ姿が続きます。武者行列の前後には、太鼓、踊り、鼓笛など市民によるパレードが賑やかにパレードします。また、多治見のキャラクターうながっぱも、友達のキャラクターと一緒にパレードに参加し、人気を集めています。

JR多治見駅前には「おまつり広場」、本町オリベストリートでは「オリベの陣」が行われ、グルメ、パフォーマンス、体験など楽しいイベントが繰り広げられます。


交通 JR多治見駅から徒歩15分(多治見市役所まで)
HP http://www.tajimi-pr.jp/tajimimatsuri/top.html
問合せ先 多治見まつり実行委員会事務局
 (多治見市観光協会) TEL 0572−23−5444


   
 
 修道院ワインフェスタ
 
日時  11月上旬 
場所 神言会多治見修道院 (多治見緑ヶ丘38)
内容  修道院の敷地内で収穫されたぶどうで作られたオリジナルワインと、世界各国の修道院ワインを楽しむ、大人のためのイベント。

ワイン教室やソムリエのトークショー、コンサート、食べ物屋台など、お楽しみも沢山。
気持ちの良い秋空の下、美味しいワインを味わう素敵な1日を過ごしませんか!






交通 JR多治見駅からシャトルバス運行 
 HP
問合せ先 社会福祉法人AJU自立の家ピア名古屋  TEL 052−841−9994


   
 秋葉様
 
日時  11月15日(町内により異なる場合あり)
場所 市内各地の秋葉様の社
内容 火の神様「秋葉様」をお祭りする風習。町内の人々が社にお供えを持ち寄り、薪で火をおこし、社を囲んで宴を開きます。その昔、薪でやきものを焼いていた多治見の職人は静岡の総本社まで足を運び、良い器が焼けるように祈祷したそうです。







   
 三千盛 感謝祭
 
日時  秋の感謝祭 11月下旬・春の感謝祭 3月下旬
場所 三千盛 (多治見市笠原町2919)
内容

多治見の酒蔵・三千盛(みちさかり)で、新酒の完成を祝う感謝祭。
辛口淡麗で知られる三千盛の様々な種類の飲み比べ、蔵の見学ツアー、屋台食堂などを、ほろ酔い気分で楽しめます。
受付は当日のみ店舗で行い、先着順です。

交通 多治見駅から無料シャトルバス運行
HP  http://www.michisakari.com/index.html
問合せ先 三千盛  TEL 0572−43−3181
   
 蔵珍窯 椿展
 
日時  2月中旬〜下旬(椿の開花状況による)
場所 蔵珍窯 (多治見市太平町6−87)
内容

赤絵と椿絵で有名な蔵珍窯の敷地内に、様々な種類の椿の花が飾られる華やかなイベント。大きな門、日本庭園、建物の中、いたる場所で咲き誇る椿を楽しめます。器も通常よりもお値打ちに販売されます。器と椿の共演をお楽しみください。
※蔵珍窯では、毎年7月と12月上旬に「蔵払い」も開催しています。試作品や少々難ありの商品を含め、全商品がお値打ちに販売されます。

交通 多治見ICから車で約10分
HP  http://www.zohogama.com/
問合せ先 蔵珍窯  TEL 0572−25−6255
   
 本町オリベストリートひな祭り
 
日時 2月〜3月にかけて開催
場所 本町オリベストリート
内容

各店舗で、様々な雛飾り・つるし飾りを展示します。雛めぐり散策をお楽しみ下さい。

交通 多治見駅から徒歩で約15分
HP  http://www.oribe-street.com/
問合せ先 渇リ柳  TEL 0572−21−2765
   
 国際陶磁器フェスティバル美濃
 
日時  3年に1度の開催   (次回は2017年開催予定)  
場所 セラミックパークMINO (多治見市東町4−2−5)
内容  陶芸家の登竜門とされ、世界50カ国以上の国から陶芸作品が寄せられるフェスティバル。陶磁器デザイン・技術・文化の情報交流の場として3年ごとに開催。未来の大陶芸家が見つかるかも!?
また、期間中は各地で陶磁器に関する多彩な協賛イベントも開催されます。
2017年は、総合プロデューサーに元サッカー日本代表の中田英寿氏をむかえ、さらなる盛り上がりが期待されます。

交通 -
HP  http://www.icfmino.com/
問合せ先 国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会  TEL 0572−25−4111




 
外部サイト「多治見動画」より
 

多治見市観光協会