虎渓山 永保寺 





四季折々の景色に癒される名刹

鎌倉時代(1313年)に開創された、小高い虎渓山に佇む禅寺。正式名称は臨済宗南禅寺派 虎渓山永保寺。「虎渓」の名前の由来は、夢窓疎石がこの地を訪れた際、中国 蘆山の虎渓の風景(現在は世界遺産)に似ていたことに由来すると言われています。
鎌倉末期に建てられた「観音堂」と「開山堂」は国宝に指定され、池泉回遊式庭園は国の名勝に指定されています。11月下旬には樹齢約700年の大銀杏をはじめとする紅葉が見事で、市民や観光客を魅了します。毎年3月15日には収蔵してある貴重な文化財や史料の一般公開が行われます。
2003年の火災で本堂と庫裏が全焼しましたが、再建を願う市民を中心とした募金活動によって2007年に庫裏が、2011年6月に本堂が、以前と同じ姿で再建されました。
また2011年より、国宝観音堂内や境内を使った「禅式結婚式」を行っています。記念に残る特別な式を挙げることが出来ます。
 

 住所 多治見市虎渓山町1−40 電話  0572−22−0351
OPEN 7:00〜17:00
定休日 団体様の受入れを制限する日がございます。永保寺へ直接ご確認ください。
 アクセス 多治見駅から東鉄バス 小名田線「虎渓山口」下車徒歩5分
多治見駅から徒歩約30分
 HP http://www.kokei.or.jp/
 料金 無料 その他 事前に入山許可を申請が必要。申請書は永保寺HPからダウンロード可能。
雲水の修行の場のため、マナーを守り見学してください。

神言会 多治見修道院




日本で唯一、ワインを醸造する修道院

1930年(昭和5年)に、ドイツのモール神父により、日本の修道士の養成を目的に建てられた修道院。中世ヨーロッパを思わせる外観、ステンドガラスや壁画が美しい大聖堂、緑溢れる庭が一般公開されています。
また、敷地内に広がる畑で育てられている葡萄は、地下室で醸造された後に「修道院ワイン」となります。設立当時からミサで使うために葡萄栽培をしていて、多治見産のワインとして広く親しまれています。ワインは売店で買い求めることもでき、毎年11月3日は「多治見ワインフェスタ」も開催しています。
現在も神学生が修練している院内では、心地よい緊張感が漂い、訪れる人の心を静かに癒してくれます。


 

住所 多治見市緑ヶ丘38 電話 0572−22−1583
 OPEN  9:30〜15:30
(日曜はミサの為11:00〜)
 定休日 月曜
 アクセス  (土・日・祝)多治見駅から ききょうバス「オリベ観光ルート」修道院 下車
多治見駅から徒歩約20分
 HP  http://www15.ocn.ne.jp/~svd/
 料金  無料  その他 神学生の修練の場のため、マナーを守り見学してください。

 多治見市美濃焼ミュージアム



 
美濃焼をより身近に感じられる場所

平成24年4月に新しくスタートした多治見市美濃焼ミュージアムは、青々とした竹が茂る落ち着きと静寂さを併せ持つ中庭を中心に、回廊に沿って5室の展示室を設けています。美濃焼千三百年の流れや、人間国宝をはじめ美濃を代表する陶芸作家の作品の魅力ををたっぷりと味わうことができます。
桃山時代に焼かれた瀬戸黒、黄瀬戸、志野、織部などの陶片を直接手に取って鑑賞したり、美濃を代表する陶芸作家の茶碗で抹茶を召し上がっていただけます。

希望される方には、学芸員が美濃焼の歴史と魅力を分かりやすく解説いたします。(お一人様から対応可)

 住所  多治見市東町1−9−27 電話   0572−23−1191
OPEN 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
定休日  月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)
12月28日〜1月3日
まで
 アクセス (土・日・祝)多治見駅から ききょうバス「オリベ観光ルート」当館前下車
(平日)多治見駅から東鉄バス 土岐市駅前行駄知行きで「東町」下車徒歩10分
 HP http://www.tajimi-bunka.or.jp/minoyaki_museum/
 料金 一般 300円 高校生以下無料
団体20名以上 
一般250円大学生150円
団体受付  事前予約制

 多治見市文化財保護センター


 
多治見の文化財と、埋蔵品の保護


古墳時代から、陶磁器が焼かれていた多治見。文化財保護センターでは、遺跡や陶磁器の窯跡から出土された埋蔵文化財を保護し、それらを紹介する企画展を行っています。虎渓山永保寺に保存されている指定文化財などに関する講演会や、発掘調査の現地説明会も開催しています。
また、子ども向けに易しい言葉で解説された「多治見の文化財ジュニア版」を発行して販売しています。

 住所 多治見市旭ヶ丘10−6−26 電話   0572−25−8633
OPEN 9:00〜17:00 定休日  土・日曜・祝日、年末年始
 アクセス 多治見駅から東鉄バス緑ヶ丘線「美濃焼卸団地」下車
 HP http://www.city.tajimi.lg.jp/bunkazai/
 料金 無料 団体受付  事前予約制

 西浦庭園 石心参禅蔵


 
明治時代に栄えた幻の西浦焼

「西浦庭園」は、明治13年に明治天皇が伊勢への巡幸の道中に、当時多治見で栄華を誇っていた西浦家にお泊りになった行在所跡です。西浦家は、幕末から江戸、大阪に店をもち、手広く美濃焼の販売を行っていました。
西浦家の離れ座敷に泊まられた天皇のために、座敷に岐阜提灯と優れた陶磁器を飾りつけ、庭にホタルを放って厚いもてなしをしました。天皇の巡幸を期に下街道が整備され、川に橋が架けられ多治見が発展するきっかけとなりました。
現在、保存会により庭園は美しく整備されています。

隣接する「石心参禅蔵」は、西浦家の古い土蔵を改築した西浦焼の資料館。西浦焼の江戸支配人だった熊谷東州が石門心学に造詣が深かったことから名づけられています。西浦焼として当時高く評価された手描きの染付けや、色鮮やかな黄磁の器が展示されています。また2階には、訪れた人が自由に座禅をくむことができる「禅定の間」があり、静かな時間を過ごせます。




 住所 多治見市御幸町3−11 電話   -
OPEN 9:00〜17:00 定休日 石心参禅蔵は日曜のみ開館。
平日、土曜に見学したい場合は090-1740-5062 熊谷さんまで事前予約。
 アクセス 多治見駅から徒歩15分
 HP http://nishiura.j47.jp/
 料金 無料 団体受付  事前予約制

 池田町屋郷土資料館 



 
下街道の宿場町の面影を訪ねて


かつて池田町は、土岐市―多治見―勝川(愛知県)―名古屋を通る下街道の、美濃南端の宿場町でした。旅籠や茶屋などが並び、江戸や信州からの伊勢参り客で賑わいましたが、明治33年に鉄道(中央線)が開通し、衰退しました。地域の歴史を後世に残すため、民家を資料館に改築して、収集された郷土の民具や歴史資料を展示して紹介しています。



 住所 多治見市池田町7−85 電話   0572−23−4841
OPEN 9:00〜16:00 定休日  月曜・祝日、年末年始
 アクセス 多治見駅から東鉄バス旭が丘小泉線「池田」下車 徒歩5分
 HP
 料金 無料 団体受付  事前予約制
 野村作十郎




郷土が誇る宮大工


江戸時代に東濃の下街道・池田宿(現在の多治見市池田町)の材木屋に生まれた野村作十郎(文化2年-明治4年・1815-1871)。堂宮大工として、東濃を初め各地の寺院仏閣建築や彫刻を手掛け、その腕が見込まれ安政3年には京都御所門、二条城唐門(現在の国宝)の再建を任されます。この業績が認められ、また、優れた技量や人格をもって、京都御所 岩倉殿役所より「従五位装束(許状)」を拝領します。以降、従五位上“野村杢頭國みつ(のむらもくのかみくにみつ)”として多数の神社仏閣を手掛けますが、無欲だった芸術家 作十郎は決しておごらず、弟子と共に永泉寺本堂を修復再建させた翌年、57歳でその生涯を閉じるまで木と向き合い続けました。


野村作十郎が手掛けた主な建築
 【市内】
・虎渓山永保寺 観音堂・開山堂(共に国宝)の再建
           六角堂の再建・無際橋の改築  (虎渓山町1-42)
・普賢寺       (大原町9‐32)
・多度神社     (平和町1)
・廿原神明神社  (廿原町中之洞228-1)
   【市外】
・内津妙見寺(春日井市)
・愚渓寺 (可児郡御嵩町)
・妻木八剣神社(土岐市)
・鵜沼観音堂(各務原市)



 多治見国長


 
鎌倉時代末期を駆け抜けた多治見の武将


多治見国長(正応2年-正中元年・1289-1324)は、美濃国(岐阜県南部)の守護・土岐頼貞(ときよりさだ)の同族。後醍醐天皇の鎌倉幕府討伐計画に参加するも、一族の妻の密告により計画が発覚します。国長公の京都の宿所は六波羅探題の軍勢三千余騎により包囲されますが、わずか20人で勇敢に戦った末に非業な最期をとげました。これを「正中の変」といい、「太平記」などにも記されています。

現在も「ぎんざ商店街」の一角に残る「多治見国長公遺址」。かつては国長公の屋敷がここから西南に縦横100m程あったといわれています。明治13年の明治天皇巡幸の際に、遺跡として保存するために小さなほこらを建てて、霊を祭ったそうです。

【現在も残る国長公の面影】
多治見まつり  (毎年11月3日に開催。武者行列では市長扮する国長公の他、土岐一族も揃って市内を練り歩きます)
国長橋      (昭和35年に土岐川に架橋された橋の名前。地元陶芸作家によるオブジェが飾られています)
多治見市の市章(桔梗の花は土岐氏の家紋で、多治見氏の紋所でした)

国長公の腰刀  (後醍醐天皇から授かったという腰刀が、重要文化財として京都国立博物館に保管されています。) 


 住所 多治見市新町 ぎんざ商店街の広場の隣 電話  -
OPEN 常時開放 定休日 -
 アクセス 多治見駅から徒歩約10分
 HP -
 




外部サイト「多治見動画」より

多治見市観光協会